皮膚科でスキンケア


スキンケアを行っていくためには日常的には美白や保湿効果のある美容成分が配合されているコスメを利用したりサプリメントを活用することが一般的な方法ですが、それだけではあまり効果を実感できないものです。そんな時に効果的なのが美容皮膚科で処方される内服薬を利用する方法です。美容皮膚科ではより一層効果的な施術などを行っていますが、同時に内服薬によるアプローチも行っています。

美容皮膚科が処方する内服薬ではビタミンCやビタミンEなどの成分が一般のサプリメント以上に配合されています。これらの成分は抗酸化作用に優れており、美白に対して大きな効果を期待することができます。またトラネキサム酸が含まれる内服薬も処方されることがあります。この成分はシミの原因となるメラニンの生成を強くブロックする効果があります。これによってシミを作らず、また美白効果もあります。

これまでコスメやサプリメント程度ではあまり効果がなかったような方は美容皮膚科で処方される内服薬を利用することをお勧めします。またこの内服薬は皮膚科医が処方するものですから、安心して使用することができるものでもあります。何らかのトラブルが生じた場合でも皮膚科医がすぐに対応してくれるので安心です。